第2片づけ期 ⑥体を壊さないために

この記事は約2分で読めます。

SAKURAE
SAKURAE

実家を片づけている時、とても忙しくしていました。

これより4か月後に

わたしは、のべ2ヵ月の入院を余儀なくされます

いまだ原因不明なのですが

自分の感覚では、無理をしすぎたのも要因だと思います。

これから片づけをするとき、自分の身体を壊しては元も子もありません。

注意喚起のためにこのブログを書きます。

そのころ詰め込んでいた用事たち

母が帰ると決まったころは、その用事がなくても「大丈夫?」と聞かれるくらいの忙しさでした。

  • 娘の大学進学(それに伴う手続き、引っ越し)
  • 夫の実家での法事(義祖母3回忌)
  • 桜まつりにボーカルで舞台上で20分歌唱(リハ、練習あり)
  • 半年後におこなう片づけセミナーの準備
  • ヨーガの学会発表 論文400字×50ページ パワーポイント資料作成含
  • カラオケバトル出場(カラオケの練習あり)
  • 私の再就職のあれこれ

これに実家の片づけを1日に2時間位、週3回くらいしていました。

SAKURAE
 

その頃、自分は手を抜いているなぁと思っていました。

今の私から言わせれば、はっきりいって、

・欲をはりすぎ/周りにいい顔しすぎです。

考えようによっては

疲れすぎて、逆に用事を詰め込んでいたのかもしれません。

何がしたいのか、何をしたくないのかも、わかっていませんでした。

これが、ゆくゆく深刻な病気を招いたのではないかと、推測しています。

忙しいのなら、実家の片づけを休めばよかったのですが

無理を助長した心理

・間に合わないかもしれないという不安感

・母に文句をつけられたくないという完璧主義

・ちゃんとして周りに褒めてもいたい気持ち

これらのせいで、無理をしてしまいました。その頃の私の傾向をあらわしているといえます。

実家の片づけをするときは自己管理も重要

自戒を込めて、実家の片づけのときの自己管理についてリスト化しておきます。

無理をしがちな作業ですが、無理をしすぎないのは、とても大切です。

実家の片づけをするとき忘れないでいてほしいこと

精神的に消耗していることを忘れず、リラックスする時間を確保する

休み休み行う

やりたくないときは、しない

「誰かに何か言われるかも」という気持ちは捨て、割り切る

皆さんには、割り切って、自分なりの片づけをしてほしいです。

 

A-F-Cは、自分らしさを輝かせることができる社会の実現に向けて活動を行っています

タイトルとURLをコピーしました