第2片づけ期 ⑤布製品を見直すときに気をつけたこと……

この記事は約3分で読めます。
SAKURAE
SAKURAE

母が戻ってくる前の準備、次は布製品です。

・ベッドまわり

・クッション

・カーペット

・カーテン

・タオル

これらについて、快適と清潔を保つために準備をしました。

あとから叔母やヘルパーさんに、手直ししてもらったところもありますが、手直し後の状態で説明します。

 

ベッドまわり

・今まで使っていた布団の上にベッドパッドを敷きました。

・枕も今まで使っていたものを、カバーを新しくして使用。

・枕周りは、布団の端からバスタオルを敷いて、清潔に保てるようにしました。

クッション

・よく汚れているものは廃棄。

・それ以外は、業者が来ているときに1時間ほど天日干し。

・その後、抗菌のファブリーズを噴霧し、置いておきました。

 

カーペット

・台所のカーペットは、裏がカビだらけだったので、はがして、床をアルコールで清拭。

・抗菌の新しいものを敷きました。

 

カーテン

・使いそうな部屋にはファブリーズをしました。

 

タオル

・新品のタオルが引き出しにたくさんあったので、すべて新しくしました。

・頻繁に洗わなくて済むように、多めに用意しました。

気をつけたこと

布製品で、私が気をつけたのは以下の通りです。

  • できるだけ母の好みに合わせる
  • 布団は持っているものを使用する
  • ベッドパットを使う
  • 早く乾く、使いごこちの良いものを買う
  • 自分が納得できるように実施する

できるだけ母の好みに合わせる

母は、派手・ピンク・赤が嫌い(苦手)なので、できるだけ緑・紺の上品な柄を選択。置いてあったタオルのうちでも派手だといわれそうなのは、使いませんでした。

布団は持っているものを使用する

ベッドを部屋に入れるのを嫌がっていたので、できるだけ馴染んだ様子のものを用意しました。

 

早く乾く、使いごこちの良いものを買う

ちょうど初夏だったので、Nクールのベッドパッドをひき、毛布と一緒に使ってもらいました。

 

自分が納得できるように実施する

・今までの経験から、私がなにをしても、母は、なにかしら文句を言うだろうと予想できました。

なので、

①母の感謝をあてにしない

②私が納得できるように行う

そう、割り切ることにしていました。

 

母の反応

帰宅して母は

母

カーペットまで!

こんなに、せんでもいいのに。

と、一言文句を言いました。一言ですんだので「気に入った」ということだろうと判断しました。

 

 

 

HOME

 

タイトルとURLをコピーしました