第2片づけ期 ④介護の電化製品更新で気をつけた方がいいことは?

この記事は約3分で読めます。
SAKURAE
SAKURAE

台所の片づけを行い、台所に入れるようになりました。

次は壊れた電化製品の更新です。

あとからわかったことですが、失敗もありました。

介護のために、

電化製品を新しくするとき気をつけるといい5つのポイントもご紹介します。

更新した電化製品

ちょうど夫が単身赴任を終えて帰ってきていたので、1年半ほどしか使っていない電化製品が余っていました。

これらは、次女の進学に備えて置いてあったのですが、長女と一緒に住むことになり必要なくなったので、使えるものは、実家に。

以前のものは食器乾燥機とエアコンを持ってきてもらうときに、電気屋さんに引き取りをお願いしました。

配線や電話の場所も変更しました。それは夫がしてくれたので、感謝です。

壊れていたもの

冷蔵庫

棚板がダンボールだった冷蔵庫は、迷わず更新

電子レンジ
出力が落ちてきているようだったので更新

寝室のエアコン
動かなかったので更新

使いやすいもの、清潔なものに更新

洗濯機
母が長年使っていたのは二層式洗濯機。
母が実家で洗濯する場合は、汚れ物をいれて回すだけで、ヘルパーさんに干してもらうことになっていました。
使い勝手を考えて、全自動洗濯機に変えました。

炊飯器
清潔なものに変更。

食器乾燥機
これは購入しました。カビだらけだったので新しくしました。

失敗だったもの

この中で、二層式洗濯機を全自動洗濯機にしたのは、失敗でした。

母は、ヘルパーさんに干すのを任せるのを嫌がりました。

そして、洗濯機の様子を見ようとして全自動洗濯機をあけようとして、エラーをおこしてしまいます。

母

壊れた!ちょっと来て!!

そういって、何度も呼び出されました。

「最後まで待つ」というのが理解できなかったようです。

 

呼び出されるだけなら、かまわないのですが、そのたびに私のことを悪く言うのに、まいりました。

母

なに、その変な髪。よくそんなんで出歩けるな。

とか

母

あんた、相撲取りみたいに太っておかしいんじゃないん。

とか。

どうも、今になって、冷静に考えると自分の失敗にいたたまれなかったので、
出た言葉のようにおもえますが、

そのときにはムッとする気持ちは抑えられず、腹を立てて実家を出ることばかり。

車に乗り込み、ため息をついていました。

 

その状態のまま私は病気になり入院。洗濯機が使えたかは、わからないのですが、

ケアマネさん
ケアマネさん

洗い物が洗濯機内にあったら、洗いなおしています。

といわれることもあったので、病状の進行とともに、あきらめてしまったのかもしれません。

介護が必要な状態で電化製品を更新するとき覚えておくといい5つのポイント

いろいろの電化製品を更新しましたが、成功も失敗もありました。

介護が必要な状態で電化製品を更新する場合、気をつけた方がいいポイントをあげておきます。

  • 今まで使っていたものと、使い方が同じものを選ぶ
  • ボタンが、できるだけ同じ位置にあり、押した感じのするものを選ぶ
  • 字が大きいものを選ぶ
  • 音が大きい、ランプで知らせてくれるものを選ぶ
  • 清潔に保てるよう、余計なものがついていないものを選ぶ

便利な機能は覚えるのが大変で、おしゃれなボタンはわかりにくいです。

できるだけシンプルで、慣れた操作のものを選んであげるのがいいと思います。そうすれば、ゆっくりとでも「使おう」という気になるようです。

HOME

 

タイトルとURLをコピーしました