第2片づけ期 ③台所の片づけ

この記事は約3分で読めます。
SAKURAE
SAKURAE
 
さぁ、第2片づけ期のメインイベント、台所のことを書きましょう。
できるだけ簡潔に、感情をこめずに進めます。
汚い表現が出てきます。
苦手な方は読まないよう、お願いします。
 

第2片づけ期とは

母が実家に戻ることが決まってから、戻るまでの期間です。

✓片づけの目的

〇母が不自由な体でも生活できるようにする

〇清潔な状態に整える

〇ヘルパーさんが作業しやすくする

 

台所の片づけ・置手紙

最初の記事病院に行かない主義の母の入院 ③入院と決意にも書きましたが、 最初、おば(いつも出てくる叔母とは別)が家を片づけたとき 「わたしは、ようしません」という、置手紙がありました。

じつはこの手紙の文章は省略しています。

本当の文章は 「ごめんなさい。私はようしません。」

「台所には手をつけませんでした。ふみちゃん、よろしく」   つまり台所は、入院の時点で、他人が手をつけられないくらい荒れていました。  

図はイメージです。

 

台所が大変なことになった原因

台所が大変なことになったのは、台所の持つ場所的原因と母の病気による原因、それと、状況原因が複合しています。

場所的原因

  • 台所には食べ物が置いてあり腐敗しやすい
  • 水だまりができやすい

病気による原因

  • 洗い物ができなくなっていた
  • 鍋に料理を入れたままにして、次の鍋で料理をしていた
  • 冷蔵庫が開閉できなかったので、なんでも台所に放置されていた

状況原因

  • 冷蔵庫の棚がダンボールだった(たぶん棚が壊れたのでダンボールをかわりに置いていた)
  • 冷蔵庫が壊れていた
  • 果実酒や漬けたものがたくさんあった

入院から、母が戻ってくることが決まるまで4ヶ月ありました。その間、台所は放置。

よろしくと言われたけれど、冷凍食品が台所の入り口に放置され、腐っていたので、それだけは捨てましたが、立ち入りもしていませんでした。

冬場でしたが、大変でした。

 

娘にヘルプを頼む

私には娘が3人います。 申し訳ないけれどヘルプを出しました。  ひとりではできる気がしなかったのです。

ホームセンターでゴミ袋、手袋、マスクを買って、

「30分だけ頑張ろう!」と

台所に乗り込みました。

 

4人で、わぁわぁ言いながらやりました。

結局30分を超えて、40分くらい活動。

「どうにもこうにも大変なこと」という山場を越えられました。

 

この台所掃除、娘たちは「二度と嫌!」と言います。今でも「大変だった」と話すことがあります。

 

できたゴミ袋は、我が家のゴミの日の朝に車に新聞紙をひいて、実家に取りに行き、ごみ収集に出しました。

できるだけ気をつけていたはずですが、透明な袋を上にかけ汁が漏れるのを防ぐ対策が必要でした。

床は新聞紙で拭いて、一緒に捨てました。拭いた新聞紙だけで1袋できました。

 

台所の片づけ・方針

片づけは、「パッと内容が見てわからないもの、汚れたり異臭のするものは捨てる」という方針で

おこないました。

何かががついたまま放置されていた鍋は、娘には分別できず、そのまま廃棄しました。

液体として、よくわからない果実酒類があったのですが、流しにザルを用意して、水をたくさん流しながら廃棄。(環境破壊ですね。ごめんなさい。)油がなかったからできたことです。

母の台所に「なにかの醤油漬け」「なにかのアルコール漬け」「なにかの酢漬け」しか、廃棄対象はなかったのです。

あとで、戻った母から、

母

私が漬けとった○○しらん?

と聞かれたのですが、知らぬ存ぜぬで通しました。

「捨てた」とは言いませんでした。

 

 

HOME

 

タイトルとURLをコピーしました