第2片づけ期 ②業者による改修はこんなことをしました

この記事は約3分で読めます。

 

SAKURAE
SAKURAE

母が帰ってくる前に、実家の住宅改修が必要です。

住宅改修と物品レンタルの内容については打ち合わせのとき、介護保険の金額と照らしあわせて、ケアマネさんと住宅改修業者立ち合いのもとで決定しています。

改修は、想定される居住スペース中心に実施し、2階とお風呂には手をつけませんでした。

第2片づけ期とは

母が実家に戻ることが決まってから、戻るまでの期間です。

✓片づけの目的

〇母が不自由な体でも生活できるようにする

〇清潔な状態に整える

改修箇所(水漏れ修理以外は介護保険を使用)

介護保険を使うと言っても限度額があります。母の介護度は「要介護2」。2022年4月の時点で197,050円で自己負担額は 19,705円となっています。母の時は、18万円くらいと言われた覚えがあります。(あいまいです)

この金額でサービスも受けなくてはなりません。

優先順位を考慮し、台所と寝室はつかまるところが多いため改修から外しました。その2カ所は机や棚など、つかまるところが多かったのです。

✓手すり 

  • 玄関~台所
  • 店舗~台所
  • トイレに行くまで
  • トイレ内
    ※寝室は動線上にありました

✓トイレ

  • 入口の巾木(高さ1.5センチくらい)を取り外す
  • タイルの上にセメントを塗る
  • クッションフロアを貼る
  • 追加工事)水漏れ修理
    ※トイレ内に水漏れがあったため、急遽水漏れ修理をしました(介護保険外)

レンタルしたもの

ベッドと主なステップはレンタル契約で、全部で1ヶ月約3000円くらい必要でした。

✓介護用ベッド

暑い時期だったので肌布団を用意。シーツと枕カバーも新調し洗い替えも用意しました。途中で病気になったので、自分では2度ほどしか、カバーを変えませんでした。母が施設に行く日を狙って交換しました。

次の入院の前日には、Amazonで羽根布団を買って、家族に持って行ってもらいました。(私は退院直後で動けませんでした。)
後日、「羽根布団はあったかくて軽いね~」と言っていたと聞いて、1晩しか使わなかったけれど、買ってよかったと思ったものです。
もっと早くに気がついてあげられたらとも思うのですが、自分の病気のことで手一杯でした。

✓玄関ステップ 2台

入口が店側と玄関側とあったので2台用意しました。

店側の入り口の分は、母が使い勝手が悪いと言って形を交換してもらいました。

 

購入したもの

✓床置き型手すり 

廊下の途中に壁に手すりを設置できないところがあり、床置き型を設置。介護保険の限度額を超えるということで、購入しました。

実費で20000円以上してビックリでしたが、必要なので買いました。

おまけ

住宅の改修とは少し違うのですが、玄関の鍵を交換しました。

建設から間もない頃から、実家では玄関のカギが壊れて、使用できなかったのです。

母は勝手口から40年近く出入りしていました。

介護の方が出入りするとなると、狭い勝手口では何かと不都合です。なので、ロックセンターに依頼してカギを交換してもらいました。

作業時間1時間で、1万5000円でした。うちは引き戸だから安かったようでした。

工事対応

それぞれの工事や設置は立ち合いが必要でした。他を片づけながら立ち合いました。

トイレの改修以外は、30分~1時間ですみました。

トイレの改修については

  1. 巾木撤去工事
  2. コンクリート塗布しようとして、水漏れ発見
  3. 水漏れ修理
  4. あらためてコンクリート塗布
  5. 乾燥
  6. クッションフロア貼り付け
  7. 手すり取り付け

という段取りでした。それぞれ別の方が施工されました。
各工程は1~2時間だったのですが、水漏れが見つかり水漏れ修理業者のスケジュール調整に時間がかかったり、コンクリートの乾燥時間が必要だったりしたので時間がかかりました。
結局、完成したのは母が戻る前々日でした。

次は台所の片づけです。

 

HOME

 

タイトルとURLをコピーしました