第1片づけ期 ②ダンボール・雑誌は気づかないうちに、どんどん増えていました

この記事は約3分で読めます。
SAKURAE
SAKURAE
 
この記事は、第1期片づけ期②ダンボール・雑誌の片づけです。

前の記事は、第1片づけ期 ①母に話を聞きました 第1片づけ期は母の入院後、今後が決定するまでです。 パーキンソン病の治療中で、今後のことは、症状がどこまで良くなるかしだいでした。 でも、 ケアマネジャーの方には、「たぶん戻れないと思う」と言われていました。


 

やったこと

〇ダンボール・雑誌を片づける

活動の目的

〇人が、普通の気持ちで入れる状態にする


 

 

ダンボールを片づける

実家はダンボールの箱でいっぱいでした。 玄関も、家の中も、庭も。 そして、店の商品用の倉庫にもダンボールが積んでありました。

  私が実家を出るとき(25年くらい前)から 少しずつ増えていったせいか、私の中では増えた感じがしていませんでした。   商売をしていると ダンボールは増えていきます。   私は、ずっと中身が入ってると思っていたのですが、ほとんどが空き箱でした。   通販で買ったと思われる食料品をいれていたダンボールが 台所に何段も重ねて置いてありました。

母

ダンボールは、業者に回収してもらうから! 大丈夫!!

  ダンボールを片づけ始めた時、母にそう言われました。

なので、1度だけ業者に回収してもらいました。小さなトラック1杯で8000円也! 全然、大丈夫じゃない!

そんなにお金はかけられないし、そもそも回収業者はダンボールの解体まではしてくれません。    

それからは、毎日のように実家に行き、ダンボールを解体。 私の普通乗用車(日産ノート)にのせて、近所のダンボール回収ステーションに運びました。  

それまで、ほとんど寄り付かなかったのに……  

見えてきたもの

片づけ始めると 各部屋の四隅を起点にして、通れないくらいダンボールが積んであるのが見えはじめました。

 使っていない部屋にも、食糧庫にも 空のダンボールがたくさん詰まっていましたが、動線以外のダンボールには手をつけませんでした。    

気にしてないって、こわい。  

見えていたら、 ちょこちょこと、ダンボールくらい片付けられていたはずなのに……    

母が言っていたことを 私は、あまり考えもせずに真に受けていたから見えなかった。  

そんな過去の自分をかみしめながら、片づけました。    

毎日1回しか廃棄しなかったせいか 1ヶ月くらいして、やっと減った感じがするようになりました。  

雑誌・ダイレクトメールを片づける

通販の雑誌や、薬局に送られてくる情報誌という名のダイレクトメール、行政からのお知らせ なかには薬局の権利を売ってくださいというダイレクトメールまできていました。  

最初、お届けの停止が効果を発揮していない頃は 1週間に10冊くらいは増えました。  

こんなの、だいぶ元気じゃないと片づけられないのに、 調子が悪かったんだものな  

なんとなく 母は、マーケティングの世界につぶされていたのかなと思いました。    

紐でくくるのが大変だったので、 100円ショップで売っている雑誌を入れる袋を使ってまとめました。  

ついでに 私宛に自宅に来ていた通販の雑誌も、片っ端から停止しました。

 

ダンボール・雑誌を片づけてわかったこと

  • ダンボールと雑誌は止めない限りどんどん増える
  • とりあえず、来るのを減らす
  • 業者に引き取りを頼んでも、つぶしてくれない
  • 紐をかけるにも手間がかかるので、労力が少なくてすむ方法で対応する

 

次の記事は第1片づけ期 ③お金の流れを把握するです。

 

タイトルとURLをコピーしました