病院に行かない主義の母の入院 ①相談するまで

この記事は約6分で読めます。

母は介護が必要?でも……

 

もし親の身体が動かなくなってきたらどうしますか?私の母は病院にいかない人で、ずっと前から、いざとなったらどうすればいいのかについて、心配していました。

それは、私がひとりっこなせいもあったと思いますし、親子関係がよくなったせいもあると思います。

ついに、見て見ぬふりをしていたことに目を向けるときがやってきました。”私にはできそうにない”という気持ちと、”ひとりっこなら、親の介護をするべき”という世間の常識に挟まれたときから始まります。これは明日のあなたの話かもしれません。

簡単な前置き

 

 

SAKURAE
SAKURAE

うちの母は、病気は自分で治すというのが自慢の人でした

そんな人がいるんですね うちは病院ばかり行ってます

SAKURAE
 

医療費がかからないから、表彰してほしいなんていってたんですけど……

実は、亡くなる10年以上前から手が震えてたんですよ

それは、病院で診てもらったほうがいいかも

SAKURAE
 

本人は、歩くのもやっとの状態なのに病院に行かず

「手伝いに来い」って言ったんですよ。

自分が薬局を経営していたプライドもあったんでしょうけど。

いくら手伝いと言っても、

病気で体が動かないんじゃ、素人ではどうにもならないんじゃないんですか?

SAKURAE
 

そうなんです。

それまで、母には何を言っても無駄なので放置状態だったのですが

そこで行き詰まってしまいました。

これは、母が行政や医療につながるまでのお話です

 

母の調子が悪いらしい

2018年12月、私は手詰まりで悩んでいました。

 

それは、急に弱った母のこと。

母は、過去、大きな新薬の薬効を発見して功績をあげた人物。
その頃は薬局を経営していました。

プライドが高く内弁慶。
人の意見を受け入れるくらいなら、屁理屈ででも勝ちたい人。

数カ月前にも、夕方ごみを焼いていたら、消防車を呼ばれてしまったことがあって
「あと少しで、焼けたのに、若造(わかぞうって……)が水をかけたからうまくいかなかった」
と、憤慨して怒っていました。

母の負けず嫌いは、私に対しては特にひどくて
私は、常に、けちょんけちょんにけなされていました。

母に会うのは気が重く                                    呼び出されたときだけで、それも他の家族についてきてもらう状態で、母のことをどうこうとは考えられませんでした。

 

様子を見にいってみたものの

実は、2週間ほど前に”弱っている様子だから気をつけてあげて”
そう親戚から言われ、様子を見に行ったのですが

「あんた、相撲取りみたいに太っておかしいんじゃない?」

そう言われ、期限切れのダイエット食品を持たされ、すぐ帰ってきてしまいました。

 

私が未熟なのかもしれませんが

コミュニケーションがとれない状態は改善されませんでした。

 

母は、薬局をしていて、弱っても続けていました。

それでも、1m歩くのに3分くらいかかっている。

 

明らかに様子がおかしいので病院に行こうと誘っても、

「私は保険証を使ったことがないのが自慢だ」の一点張り。

 

その言葉をいいことに

また、私は放置してしまっていました。

 

母のことは、私の能力を超えていました。

 

母からのSOS?でも……

そんな母から電話があったのは今朝のこと。

転んだから、来てほしいという。

 

あわてて様子を見に行ったら、

母は普通に椅子に座っていて、あなたは思いやりが足りないという。

 

「週に半分ぐらいは来て手伝って!」

 

だったら病院に行こうといっても、私は保険証を使わないからと断固拒否される状態でした。

 

その日、母に日常的に付き合いのある叔母たちに電話をして

私には見せない母の様子を聞きました。

母のことを母以外の人に問い合わせたのは、それが最初です。

 

そこでわかったことは次の通り。

  • ひとりでは歩けないほど衰弱していること
  • 手助けが欲しそうにするのに、助けようとすると”必要ない”と断ること
  • 病院には行きたくないこと(たぶん怖くていけないのではないか)

10年ほど前から手が震えていた母。

疲れているせいと言い訳していたけれど、やっぱり病気だったのか。

病院通いをする人の悪口ばかり                              、自分は病院に行かないのが自慢だったけれど……

 

さて、どうする。

そのときには、何も打つ手がないように見ました。

 

悩みに悩んで頼ったのは……

母は、暗に私に介護をしろと言っている(ように思える)。

そうするしかないのか……

 

それでは、たぶん私が壊れてしまう。

 

私が流産した時

母から、朝晩に電話がかかってきた。

「私の言うことを聞かなかったから、流産することになった」
そう、何度も何度も言われた。

それから、母と距離を取ることにした。自分のために。

 

今も、母のところに
行くたびに傷つけられてしまう。

 

それは、私が打たれ弱いせいもあるのかもしれないけれど、
そんな状況になるのは避けたい。

 

娘の受験ももうすぐだ

 

自分勝手な考えだとは思ったけれど
私には、母を手伝ったり、一緒に住んだりなど考えられなかった。

 

それでも、一人娘の私には介護のために母と住む選択しかないのか……

 

私は介護のことは、何もわからず、2018年当時はインターネットを検索しても親子関係が良い場合の介護の話ばかり。

 

親子関係は良いのがあたりまえのような書きっぷりで,自分は欠陥人間だと自信を喪失するばかりでした。

 

私の状況にネット検索は役に立たない。

 

誰かに聞きたい 聞かなくっちゃ…

 

思いついたのは市役所

 

その時は、
市役所にも、うちの母を、どうにかすることなど無理だと思っていた。

 

私は、市役所に行き、一番関係のありそうな老人介護課の窓口で言った。

「もう、どうすればいいのかわからないんです……」

 

 

 

「ああ、そういうことは、よくあることなんですよ」

市役所の人は言った。

 

その言葉が始まりでした。

 

そこから、母とのいろいろと私の病気の絡む日々が始まったのでした。

次の記事はこちら

■関連記事

親の家を片付けてアパート建てました~始まり~

 

HOME

 

 

タイトルとURLをコピーしました