-説明編- 片づけの目的は変化します

この記事は約3分で読めます。

私の片づけは5期に分類できます

  片づけの記事に入る前に、全体を説明しておきます。  

SAKURAE
SAKURAE
私の実家の片づけは、 今から考えると5期に分けられます。 状況の変化にしたがって、片づけの目標も内容も変化しました。
目的をはっきり持つと、「やること」「やらないこと」が分けられ、
手をつけすぎるのを防げる
と思います。
私は病気になってしまったので、「できないことはしない」と
割り切って過ごせました。
それまでは、目的以外の目に入ったものはやりたくて、必要以上に披露していました。
 
 
  • 第1片づけ期:母の入院後、今後が決定するまで
  • 第2片づけ期:母が実家に戻ることが決まってから、戻るまで
  • 第3片づけ期:母が実家に戻ってから亡くなるまで
  • 第4片づけ期:母が亡くなってから、アパート建設が決まるまで
  • 第5片づけ期:アパート建設が決まって、実家を解体するまで

第1片づけ期

母の入院後、母の今後が決定するまでの時期です。今後どうなるか全く分からない状態でした。 とりあえず、足場を固める時期となりました。

目的

〇実家の状態を知る

〇人が普通の気持ちで入れる状態にする

〇お金の流れを把握し、管理できるようにする

行なったこと

母に話を聞く(叔母と一緒に話を聞く)

ダンボールと新聞・雑誌を片づける

お金の流れを把握する

税金対応や届け出をする

   

第2片づけ期:母が実家に戻ることが決まってから、戻るまで

母の強い希望を通すことに決め、実家で生活できるように整えました。

目的

〇母が不自由な体でも生活できるようにする

〇清潔な状態に整える

  〇ヘルパーさんが来訪、作業しやすくする

行なったこと

〇台所を片づけ、腐っているものを捨てる

〇壊れている電化製品を使いやすいものに変える

〇カビた布製品は新しくする

〇手すりやステップをつける

〇ベッドを入れる

〇トイレを改修する

〇玄関のカギを交換する

〇ガスを復帰させる

 

第3片づけ期(中断):母が実家に戻ってから亡くなるまで

母が実家に戻ってから亡くなるまでは、ほとんど片付けはせず、母の居心地を良くする対応だけでした。

ごちゃごちゃするのですが、母が実家暮らしをしている間に、私が原因不明の脊椎の病気になり2度入院しました。

上半身を装具で固定する必要があったので、思うように動けなくなりました。

入院後は、母のこともケアマネジャーさんや夫に任せてしまいました。

私が2度目の退院をした次の日に母が入院しました。 医師からは「こんなになってから、連れてこられても……」という状態。約3ヶ月後に亡くなりました。

目的

〇母の居心地を良くする

行なったこと

〇羽毛布団を買う

〇台所のレイアウトを変える

〇手すりを追加する

〇自宅にリハビリの人を呼ぶ

 

第4片づけ期:母が亡くなってから、アパート建設が決まるまで

母が亡くなってから、実家は宙ぶらりんの状態でした。それでも貸すか売るかの方法しかないかと模索しました。

目的

〇人に見てもらえる状態にする

〇使わないものを処分する

〇薬局を廃業する

行なったこと

〇売れそうなものは売る

〇劇毒物を廃棄する

〇廃業届を出す

〇見守り110番の品を小学校に返す

〇花器、置物、店の棚などは必要な方に譲る

〇絵や茶器は寄付する

 

第5片づけ期:アパート建設が決まって、実家を解体するまで

実家には私も思い入れがありましたが、そのままだと固定資産税が必要になります。

売るのも嫌なうえに、私の体は今後も回復の見通しが立たなかったので、アパート建設を選択しました。

目的

〇解体に向けて、できるだけ空にする

行なったこと

〇電気、ガス、水道をとめる

〇アルバムを片づける

 

そうやって、いまは実家の土地にアパートが建ちました。 以降は、各項目について詳しく話していきたいと思います。

 

HOME

 

タイトルとURLをコピーしました